結婚内祝いはマナーが肝心~贈る時期も考えよう~

結婚内祝いは自宅配送が便利!ネットショップも上手く活用

結婚内祝いはマナーが肝心~贈る時期も考えよう~

指

結婚内祝いを渡す時期について

結婚内祝いを渡す時期は、結婚式を行う場合と結婚式を行わない場合で時期が違います。結婚式を行う場合は「結婚式から一か月以内」、結婚式を行なわず入籍だけの場合は「お祝いをいただいてから一か月以内」に贈るのがそれぞれのマナーです。中には入籍だけして結婚式まで間があるケースがありますが、その時は入籍した時、結婚式の後とそれぞれ分けて考えると良いでしょう。入籍と結婚式の間がそれほどない場合は、先に電話などでひとことお礼を言ってから結婚式後でも問題ありません。新婚旅行や郷土のお土産などを一緒に渡すのもおすすめです。

知っておきたい熨斗のマナー

結婚内祝いでの熨斗紙は慶事用の熨斗と水引が描かれたものを使用します。水引は基本10本の結びきりで色は紅白もしくは金銀のものを選びます。熨斗の上部分に書く文字は「内祝」もしくは「寿」、下部分には夫婦の連名、もしくは結婚後の姓で内祝いの文字よりも小さく書く事がポイントです。ペンは濃いめのインクでしっかりとした太文字で書くようにしましょう。仕事関係で旧姓の方がなじみある方もいますが、結婚内祝いの熨斗では新姓を使用することがマナです。新姓になじみがない場合はメッセージカードを添えてひとこと断るか、配送の場合は配達票に旧姓を記しておくと相手にわかりやすいでしょう。

ギフトを手渡しするメリットと配送するメリットを比較!

結婚内祝いを手渡しするメリット

結婚内祝いを手渡しするメリットは「相手の顔を見てお返しができる」点があります。親しい人やお世話になった人、普段なかなか会えない恩師など、結婚内祝いを口実に会いに行くこともできます。また大切な人を紹介できる機会でもありますのでおすすめです。

結婚内祝いを配送にするメリット

結婚内祝いを配送にするメリットは「相手に時間を取らせない」点にあります。急な訪問で先方にご迷惑をかけてはと配送を選ぶ人も少なくありません。またインターネットショップ場合は配送の方が便利なので手配に手間がかからないというメリットから配送を選ぶ人もいます。