初節句の内祝いは定番が人気!写真入りも喜ばれる

オンラインショップでは送料に注意!初節句の内祝いで失敗しないコツ

初節句の過ごし方

女の子の初節句は桃の節句の3月3日。男の子の初節句は端午の節句の5月5日です。桃の節句の場合はひな人形の前でちらし寿司やハマグリのお吸い物などで節句をお祝いします。端午の節句の場合は五月人形やこいのぼりを飾って、柏餅やちまきなどを食べる風習があります。地域によっては親戚を集めてお披露目する場合もあり、親しい人たちでお子様の健やかな成長を願って過ごします。

オンラインショップを利用して内祝いを贈る際の流れ

初節句の内祝いを贈るオンラインショップを探そう

初節句の内祝いを贈るにはオンラインショップが便利です。用途や予算に合わせた品物をセレクトできるほか、熨斗の書き方なども案内してくれます。まずはオンライショップを探しましょう。

初節句の内祝いで子供の写真入りはOK?

初節句の内祝いを選ぶ場合、子供の写真入りのものは祖父母あたりまでなら喜ばれますが、それ以上外部の人間には写真抜きのもので対応するのがベターです。

初節句の内祝いを選ぼう

初節句の内祝いを選ぶ場合は相手の好みなどを考慮に入れましょう。例えばカタログギフトは便利ですが、年配者などには定番のお菓子などが喜ばれます。周囲の人に相談し、好みを聞いてから選ぶと間違いなしです。

初節句の内祝いを贈る場合の料金や送料なども考えよう

初節句の内祝いを贈る場合、気になるのは料金や送料です。オンラインのギフトショップでは〇〇〇〇円以上は送料無料であったり、まとめて買うと割引になったりなどお得な特典があることも。いろんなサイトを吟味して選んでください。

初節句の内祝いを贈る場合は贈り先の住所に注意

初節句の内祝いを贈る際に最も注意する点は贈り先です。くれぐれも住所間違いなどないように確認しなら入力するよう心がけてください。

初節句の内祝いは定番が人気!写真入りも喜ばれる

内祝い

初節句のお祝いでよく頂くギフトとは

初節句のお祝いを贈るのに現金以外で人気のあるギフトは「玩具」や「絵本」など上位に入ります。初節句は子供の健やかな成長を願う年中行事ですので、子供が喜ぶものをセレクトする人が多いようです。他にも衣類なども定番ですが「おもちゃ券」などの商品券も需要が高く、ママたちにとってありがたいギフトとして人気があるようです。

女の子の初節句について

女の子の赤ちゃんが生まれたら3月3日の桃の節句に初節句をしてお祝いします。桃は邪気を払う聖なる果実としてご利益があり、その花が丁度開く季節であることから、女の子の健やかで華やかな成長を願うためにひな人形を飾り桃の節句で初節句をお祝いします。地域によっては親戚が市松人形を贈ったりする風習もあります。昔は初節句の内祝いに「雛の使い」といって紙雛をつけてお返しをする風習もあったそうです。

男の子の初節句について

武家にとって跡取り男児の初節句はとても大切な儀式でした。端午の節句に初節句をする際は家に悪鬼を払う菖蒲を飾り、我が子の武運が上がるように立身出世の武将をモデルとした五月人形を飾ったり、こいのぼりを飾ったりしてお祝いをしたそうです。その風習はいまでも根強く残り端午の節句と菖蒲は切っても切れない関係にあります。なお初節句の内祝いを返す場合は一週間以内に済ませるようにしましょう。